認知行動療法で対人恐怖症や視線恐怖症は治る?他療法との併用が効果あり

認知行動療法は対人恐怖症にも治療効果がありますが、デメリットもないわけではありません。そのため森田療法や自律訓練法などと併用したほうが良いでしょう。しかし視線恐怖症については、認知行動療法や森田療法・自律訓練法を実践して治るかどうか疑問です。

視線恐怖症・読書恐怖症でも本を楽しめるようになった

視線恐怖症(脇見恐怖症・他者視線恐怖症・自己視線恐怖症)や読書恐怖症を抱えているわたしですが、とあるサービスのおかげで現在は本を楽しめています。そのサービスの魅力について書きましたので、同じように読書にストレスを感じている方はご参考ください。

対人恐怖症(視線恐怖症)は薬や漢方だけでは治らない

対人恐怖症や視線恐怖症(脇見恐怖症・自己視線恐怖症・他者視線恐怖症・正視恐怖症)について、病院の薬や市販薬・漢方を飲むだけで治ることはありません。ただ、ほかの治療法を行う際の補助的な薬としてこれらを使うなら間接的に効くかもしれません。

対人恐怖症になりかけの受験生が心がけておくべき「勉強より大事なこと」

わたしは高校生のころ受験勉強のしすぎで脇見恐怖症を発症し、精神状態をどんどん悪化させていきました。その後悔から、「勉強より大事なこと」を5つご紹介します。対人恐怖症または視線恐怖症になりかけている受験生はぜひ反面教師にしてください。

表情恐怖症・笑顔恐怖症を治す4つのヒント

表情恐怖症にしろ笑顔恐怖症にしろ、それらを治すにあたっては対人恐怖症の治療法と同じような方法が効果的でしょう。具体的には以下の4つです。表情恐怖症や笑顔恐怖症を克服するヒントとしてご参考ください。

初めてのクラブ体験(渋谷)と目黒川の桜お花見

3月末に、渋谷・代官山・中目黒などを遊んできました。夜に東新宿でサムギョプサルを食べたあと、渋谷でクラブデビュー(!)。翌日、目黒川沿いの桜並木を花見しながら周辺エリアをぶらぶらと街歩きしました。

咳エチケットだけでなく「咳払いエチケット」も普及してほしい

咳エチケットは大切ですが、咳払いエチケットも広まってほしいと考えています。他人の咳払いに不快感・嫌悪感を抱く人や、わたしのように咳・咳払い恐怖症で苦しむ人が結構いるからです。とくに接客業やテレビ・ラジオでは早く普及すべきでしょう。

To the top