わたしは寿司好きではありませんが、妻が寿司大好き人間なので週末などによく回転寿司チェーン店で食事をしています。
家の近所に大手回転寿司チェーンの『スシロー』『くら寿司』『はま寿司』があり、この3店のどれかに行くことが多いです。

この記事では、これら大手チェーン店の味・ネタの大きさ・値段などを比較してみました(個人的なランキング結果はこちら)。
寿司がさほど好きではない者の視点でくらべているので、辛口評価になっているかもしれません。

スシローの評価

スシローで注文したまぐろ
スシローのまぐろ

スシローは味・鮮度・ネタの大きさが、くら寿司・はま寿司よりも優れています。
他社の店で食べたあとにスシローの寿司を食べると、そのおいしさに目がカッと見開くことが多いです(笑)。

ネタはどれもおいしく、基本的にハズレがありません。
とくにマグロ系のネタが充実している気がします。
期間限定のネタも豊富で、行くたびにその季節ならではのネタを食べられるのも楽しいです。

シャリは小ぶりでネタがその1.5倍以上の大きさになっています。
個人的に寿司のシャリは小さいほうが好みなので高評価です。
アナゴなんかは3社中もっともネタが大きくて食べごたえがあります。

汁物(具材はあさり、しじみなど)についても結構おいしく仕上がっている印象です。
デザート・麺などのサイドメニューは多くありませんが、わたしはそれで構いません(寿司を食べに来ているんですから)。
むしろ厳選している印象で好感度が高いです。

注文システムも他社より良いと思います。
注文パネルが丁度よい高さにあり、液晶画面もタッチしやすいです。
自分が注文した皿は色分けされているので、回転レーンから取るときもわかりやすくなっています。

また店内の居心地についても、テーブル席の仕切りにすき間がないので高評価です。
視線恐怖症のわたしでもそこそこ落ち着いて食事ができています。

価格は1皿100円のものが大半ですが、高価格帯(1皿200~300円)のネタや盛り合わせメニュー(1000円弱)も多いです。
値段があがってもコスパが悪いと感じたことはほとんどありません(微妙と感じたのは牛肉ネタくらい)。

くら寿司の評価

くら寿司で注文したまぐろと特製わさび
くら寿司のまぐろ

くら寿司は、味はおいしいわけでもまずいわけでもないですがネタが大きいです。
シャリもそこそこあるので、低予算で満腹になりたいなら「くら寿司」かもしれません。

しかし鮮度があまり良くなく、ネタに寄っては糸を引いていたものもありました…。
マグロなんかは解凍しきれていないのか冷たすぎましたし。
わさびにはこだわっているようですが、違いがわかりません(汗)。

サイドメニューは無駄に多く、ラーメンやスイーツ類はもちろんカレーやハンバーグまで用意されています(わざわざ寿司屋でそれらを食べようとは思わないんですが)。
そのわりには汁物が少なく、寿司には味噌汁が合うと思っているわたしには不満です。

注文システムは全体的には微妙かもしれません。
注文パネルが上のほうにあるので操作しにくいのです。
個別注文の寿司ネタは別レーンで運ばれてくるので、あせらずに済むのは助かります。
ただ、注文してから運ばれるまでが3社のなかで一番おそいです。

また「ビッくらポン」とかいうガチャポンがあるんですが、このようなシステムを作るならネタの品質を高めてほしいと思います。
子どもと回転寿司に行くなら一番の候補になるでしょうけどね。

テーブル席の仕切りの高さが不十分なのも対人恐怖症もちには苦手です。
前方の他人のテーブル席がよく見えてしまい落ち着いて食事ができません…。

価格はスシローと同じく1皿100円で、ほとんどのネタが100円という印象です。
高価格帯のものはサイドメニューくらいで、寿司は基本的に100円で食べられます。

はま寿司の評価

はま寿司で注文したまぐろ
はま寿司のまぐろ

はま寿司は味・鮮度が不安定で、まずい日と意外にもおいしい日がある不思議な店です(苦笑)。
とくに鮮度はイマイチで、注文して運ばれてきた寿司を少し見ただけでネタがしなびているのがわかります…。
おそらく注文後に作られてはいないでしょう(すでに回転レーンで周り続けている寿司を出しているかもしれません)。

ネタは小さく、上からみるとシャリが見えてしまいます…。
平日は1皿90円と他社より安いですが、そのぶんネタが小さいならまさに「安物買いの銭失い」ですね。

しかもシャリの酸味が強めで、すっぱい食べ物が苦手なわたしにとってはマイナスポイント。
いろんな種類のしょうゆが用意されているんですが、どれがどのネタに合うのかわかりませんし…。

注文システムも最悪といって良いでしょう。
タッチパネルの反応が鈍感で、何度も押す羽目になります。
また皿がすべて同じようなデザインなので、自分の注文したものがわかりにくく不便きわまりないです。

さらに調理時間との兼ね合いなのか、複数のネタを連続で注文できないときもあります。
ネタによっては注文受け付け終了になることも結構あるのでご注意を…。

テーブル席の居心地についても、仕切りに大きなすき間があって苦手です。
やはり前方の他人がチラチラ見えて気になってしまいます。

店の入口にいるペッパーくんが受付してくれるのは便利かもしれません。
店員に呼ばれるのを待たず入店後すぐに着席できるのは楽です。

わたしが比較した結果としては、だいたい以下のようなランキングになりました。

鮮度 大きさ 注文
システム
居心地 価格
1位 スシロー スシロー スシロー スシロー スシロー はま寿司
2位 くら寿司 くら寿司 くら寿司 くら寿司 はま寿司 くら寿司
3位 はま寿司 はま寿司 はま寿司 はま寿司 くら寿司 スシロー

ランキングにする必要があったのか疑問ですが(苦笑)、スシローがダントツで1位です。
寿司が好物というわけではなくてもそこそこ満足できる回転寿司チェーン店だと思います。
わが家では、くら寿司・はま寿司とくらべて圧倒的に高頻度で利用していますよ。