YouTube(ユーチューブ)には、音楽・映像・テレビ番組・ラジオ番組などのコンテンツを無断転載している動画が多いです。
それらの動画の投稿者は広告を表示してお金を稼いでいますが、あまり気分の良いものではありません。
他人さまのコンテンツを勝手に使って対価を得ているわけですからね。

当記事では、そうした無断転載動画に表示される広告の消し方について、具体的な方法をご紹介します。

無断転載動画の広告を消す方法

無断転載動画を再生した際に表示される広告は、以下のような方法で消すことが可能です。

パソコンの場合

パソコン上で無断転載動画の広告を消したい場合は、ブラウザの拡張機能(エクステンション、アドオン)を使います。
AdBlock』、『Adblock Plus』、『uBlock』などがおすすめです。
いずれも無料で利用できますよ。

ブラウザにインストールするだけで細かい設定などは必要ありません。
インストール後に無断転載動画を再生してみると、広告が表示されなくなっていることがわかるはずです。

「AdBlock」では、特定のYouTubeチャンネルだけ広告を表示させる設定もできます。
応援しているYouTuber(ユーチューバー)などがいる場合に使える機能ですね。

スマホ・タブレットの場合

スマホやタブレットの場合は、まずiOSユーザーなら標準ブラウザ(Safari)でYouTubeを見るだけでも大部分の広告を非表示にできます。
Androidユーザーや確実に広告を消したい方は、『Adblock Browser』(iOS版/Android版)という無料のアプリを使うのが便利です。

「Adblock Browser」でYouTubeを閲覧すれば、無断転載動画の再生時でも広告を非表示にできます。
よくYouTubeを見るという方は、ブックマーク機能を使って登録しておくと楽ですよ。

スマホ・タブレットにYouTubeアプリが入っているならアンインストールしておきましょう。
ブラウザ上でウェブサイトなどを見ている際、YouTubeのリンクを踏むとアプリが立ち上がってしまいます。

ちなみにYouTubeアプリを使い続けたい場合は、iOSユーザーなら『AdBlock』や『Weblock』などの広告非表示アプリが役立つかもしれません。
ただしアプリ内広告を消すのは技術的に難しいため、こうしたアプリの開発・アップデートが突然中止になる恐れもあります(現にAndroidでは有能な広告非表示アプリが皆無です)。

不正に収入を得ている無断転載動画の見分け方

ここからは少し余談ですが、すべての無断転載動画の広告収入がその投稿者に支払われているわけではないようです。
YouTubeでは、コンテンツ制作者側が無断転載動画に広告を表示することもできます(参考:「Content ID の仕組み – YouTube ヘルプ」)。
無断転載動画に表示される広告が実は制作者側の表示したものである場合もありうる、ということですね。

どの無断転載動画が不正に収入を得ているのか、見分け方がわからないように思うかもしれませんが、方法はあります。
転載動画に加工が施してあるかどうかを判断すれば良いだけです。

音声コンテンツなら音飛びや音割れ、映像コンテンツなら変な枠が付いているならアウトでしょう。
無断転載をする投稿者は、こうした小細工をすることで制作者側の監視の目から逃れつつ稼ごうとしています。

制作者側がそのような無断転載動画を発見した場合、自身のコンテンツに音飛びや枠がついた動画へ広告を表示したいとは思わないはずです。
むしろコンテンツを無断で加工されたことについて、YouTube運営者(Google)に動画の削除を申請するでしょう。

そのほか、テレビ番組やラジオ番組の無断転載動画ではCMや曲がカットされていたりします。
この場合も番組制作者側としては歓迎できないことですので、そうした動画に広告を表示しようとは思わないでしょう。

いずれにせよ見分け方は簡単です。
無断転載と思われる動画に加工が施してあるなら、その動画に表示される広告は制作者側のものではなく、不正に広告収入を得ようとしている投稿者のものと判断できます。

ブラウザの拡張機能やアプリを使えば、無断転載動画の広告を消すのは簡単です。
ただ、YouTube全体の広告を非表示にする方法でもあるので、特定のYouTuberや企業の公式動画などを応援したい場合は前述の見分け方を参考にしつつ広告非表示のオン・オフを切り替えると良いかと思います。